あなたの天職は工場の仕事!?工場が向いている人とは

真面目で同じ作業が苦にならない人

工場の仕事と言えば、黙々と同じ仕事をするライン作業がメインです。誰でも最初は新鮮味があり、楽しみながら仕事をすることができるかもしれませんが、長い間同じ作業を続けていると、飽きてしまうのが普通でしょう。飽きて仕事がつまらなく感じる人は、工場の仕事は苦痛です。同じ作業をしても苦にならず、仕事にやりがいを見いだせる人は工場の仕事が向いていると言えるでしょう。

会話がなくても平気な人

工場のライン作業では、会話がほとんどありません。仕事では最低限の会話だけをし、残りの時間は黙々と作業をこなすというのが工場勤務なのです。寡黙な人や、コミュニケーションが苦手で作業だけに集中したいという人には、工場はうってつけです。

物を作るのが好きで向上心がある

物を作るのが好きな人は、物を作る上で「こうしたら見映えがいい」「こうすればもっとキレイに作れる」という観点をもって作業することができます。そういう人は工夫しながら物を作るので、クオリティーの高いものを量産することに繋がります。好きこそ物の上手なれという言葉がある通り、物を作るのが好きな人は、作業に集中し、上達も早いので出世する可能性も高いです。

体を動かすのが好きで体力に自信がある

工場では同じ作業を長い時間立ったまま行うことも多く、体力に自信がない場合はキツイ仕事になってしまうでしょう。納品や検品では重いものを持つことがあるため、力がない人は慣れるまで大変な思いをすることになります。体が動かすのが好きで、夜勤(交代勤務)も難なくこなせるならば、問題なく工場勤務ができるでしょう。

東京の工場の求人が拡大するのは、そもそものニーズの大きさの違いに起因しています。大企業から小規模事業者に至るまでの幅広い企業の工場が稼働中です。

Scroll to Top