子供の笑顔が生きがい!そんな保育士をめざそう

保育士の仕事は責任重大!子供たちを健やかに育てよう

保育士の仕事はポイントが5点あります。まず1点目、保育士は園児の身の回りの世話をします。子供の顔色や態度、行動、皮膚の様子などをチェックして健康状態を見守りつつ、子供の気持ちを理解します。つぎに2点目、就学前の子供に基本的生活習慣を身につけさせます。その基本的生活習慣とは、食事、睡眠、衣類の着脱、排泄、清潔の5項目であり、これらはとても大切なことです。3点目、集団での遊びや活動により、社会性や協調性を身につけさせます。相手の気持ちを考えることや我慢することを学ばせ、健全な精神を養います。

4点目は保護者に対してアドバイスやサポートを行うことです。来園やお迎えのときに保護者と話したり、連絡帳によって情報交換したりすることで、保護者とのコミュニケーションを図り、信頼を築きます。5点目は地域との連携をとることです。高齢者や自然と触れ合うことで、園内だけでは得られない刺激や出来事を体験し、健全な心と体を育みます。また地域と積極的に関わることが、子育て支援になります。このように、保育士は子供とその保護者にとって大変に重要な役割を担っています。

保育士になるにはどうすればいいの?

保育士の資格を取得するには二つの方法があります。一つは大学や短大、専門学校などで、保育士になるための養成課程の学科を卒業することです。これらの学校では、保育士に必要な能力を身につけることができるため、卒業したらすぐに保育士の資格が取得できます。もう一つは保育士試験に合格する方法です。保育士試験を受験するには大学や短大、専門学校を卒業している必要がありますが、そうでなくても、児童福祉施設で一定の期間働いていれば受験が可能です。

保育士の求人を大阪で探すのは、手間ではありません。インターネット上に数々の求人サイトにパート、アルバイト、正社員の求人がかなり掲載されています。

Scroll to Top