ヘアメイクをするなら知っておきたい2つのテクニック

ドライヤーで形を作りましょう

髪型次第で人の印象は大きく変化するため、より魅力的になりたい場合はきちんとヘアメイクをしましょう。ただ、苦手意識を持っていたり、経験が少ないので上手くセットきる自信がなかったりといった場合は、納得していないものの、最低限で済ませている可能性はあります。しかし、ヘアメイクは決して難しいものではなく、テクニックさえ知っていれば誰でも上達することができます。まず、ヘアメイクをする際はドライヤーで形を作るのが大事です。ドライヤーで髪を立ち上げたり、押さえたりして大体の髪型をセットしてしまえば、その後のヘアメイクをスムーズに進められるようになります。ドライヤーは温風と冷風があるので、切り替えながら利用すると髪型をセットしやすいです。

スプレーは最後に使用するのがベスト

ヘアメイクを上達させるためには、スプレーを適切に使用することもテクニックの1つです。スプレーによって固められるので、希望している髪型にセットする際には欠かせないアイテムです。ただ、使用する場面を間違ってしまうと、上手くヘアメイクできない原因の1つとなってしまいます。使用する適切な場面は最後をおすすめします。つまり、ドライヤーやワックスでほぼ希望している髪型にセットが終わった段階で使用するのがベストです。そうすれば、最高の状態を長くキープできるようになり、手直しの回数を減らせる効果があります。ドライヤーやワックスでもヘアメイクは可能ですが、持続時間を考えるなら最後にスプレーを使用するのは効果的です。

成人式や結婚式など、多くの人のヘアメイクをしなければいけない時や、写真スタジオ、お見合い写真や七五三の撮影時にヘアメイク派遣は役立ちます

Scroll to Top