理想的な人材を新卒採用するために知っておきたいコツ

会社の魅力を最大限にアピールしましょう

会社の将来を支える人材は、若さとポテンシャルで決めることをおすすめします。若さがあれば長く働いてもらえますし、ポテンシャルを感じる人材の方が期待することができます。ただ、新卒採用を行ったとしても短期間で退職されてしまった場合は、採用活動や人材育成に充てた費用が無駄になります。また、ポテンシャルが予想を下回り、会社の成長に貢献してもらえない残念なパターンもあります。このように、新卒採用で困っている会社が満足するためには、魅力を最大限にアピールすることをコツとして知っておきましょう。仕事内容や給与、福利厚生など、何でも良いので応募者に興味を持ってもらえる魅力を作り、アピールすれば期待している人材からの応募が増えます。

1人でも多くの人材と面接する

面接で1人でも多くの人材と会うことも、新卒採用で満足するためのコツです。面接を行う前に書類審査を実施し、そこである程度の応募者に絞り込むのは一般的な選考方法です。ただ、書類選考で落とした応募者の中にダイヤの原石が混ざっている可能性はあります。そのため、書類選考で落とす人材をできるだけ減らし、面接の評価で採用するかどうかを決めるようにしましょう。数十名なら応募書類をじっくりと見られますが、数百名や数千名という規模になると、人事担当者を増やさなければ対応するのは難しいです。しかし、一時的でも良いので人事担当者の数を増やし、丁寧に応募書類をチェックして面接を実施すれば、会社の成長に貢献する人材を発見できる可能性は高くなります。

新卒採用コンサルティングとは、初めての新卒採用や、採用力を上げるための取り組みなどの課題に対し、企業に対してアドバイス、コンサルティングを行うサービスのことです。

Scroll to Top