住み込みで働くメリットはこんなにたくさんある!

住居費がかからないことも

工場勤務の中には、工場の近くの住居施設に住み込みで働くことができるものもあります。住み込みで働くとさまざまなメリットが得られます。まず住居を会社から与えられるので住居費がまったくかからない、もしくは大幅に抑えられるといったメリットがあります。一人暮らしをする際に住居費というのは毎月の出費の中で大きなウエイトを占めるのですが、その住居費を支払わずに済むのはとても大きいです。よほど散在しない限りお金が自然と溜まっていくのではないでしょうか。会社によっては住居費だけではなく光熱費までも支払ってくれたり、住居施設内に食堂があって格安の値段で食事を提供してくれるようなところもあります。

通勤時間を大幅に短縮できる

会社に通うまでの通勤時間がかなり長いと毎日の出勤や帰宅が大変です。特に電車のトラブルなどで遅延したり運休した場合は会社に行ったり家に帰ったりするまでに苦労することになります。ところが工場に住み込みで働くと住んでいる所から職場までは徒歩圏内、またはバスですぐの場所なので通勤時間を拘束されることはありません。特に1階が職場で2階が住居だった場合通勤時間は一切かかりません。出勤時間までゆっくりできますし、仕事が終わればすぐに帰ることができるので自由時間をたくさん確保することができます。

住み込みの仕事でチェックしておきたい点

住み込みの仕事でチェックしておきたいポイントとして、まずは住居に関する出費があります。光熱費はどの程度負担するのかや、食事は住んでいる所から提供されるのかどうか、出るとしたらいくらかかるか、断ることが可能なのかなどについて確認しておきましょう。

住み込みの求人では行きの交通費は基本的に支給されます。帰りの交通費は出るケースと出ないケースがありますので、あらかじめ確認しておきましょう。

Scroll to Top