薬剤師は処方箋の調剤をする人!!薬の相談にも乗ってくれるよ!!

医師が作成した処方箋に基づいて調剤をする

病気を治療するとき、医師が病気の診断を行います。医師の診断により病気が分かると、その人のための適切な治療が選択されます。重大な病気の時は入院なども必要になりますが、多くは通院などで治療ができます。薬を飲んだり塗ったりして病気が治るのを待ちます。医師が治療において行うのは、その病人の病気に関する処方箋を作成するまでになります。調剤薬局などに処方箋を持って行くと、薬剤師の資格を持った人が調剤をしてくれます。処方箋に書かれている通りの薬剤と分量になるようにしてくれ、さらにそれぞれの薬剤の飲み方などの指導をしてくれます。同じ病気でも症状によって薬の量が異なったりするので、薬剤師がきちんと処方箋をチェックして調剤する必要があります。

ドラッグストアなどで薬の相談に乗ってもらえる

病院に行くほどではないが体調が悪い時があるでしょう。その時はドラッグストアに行って、市販の薬を買ったり健康食品やサプリを利用して様子を見ようと考えます。しかし実際にお店に行くとたくさんの商品が並んでいて、どれを利用したらいいかわかりません。そんな時に相談に乗ってもらえるのが薬剤師です。必ずドラッグストアに常駐しているわけではありませんが、勤務しているときは適切な薬の提案などをしてもらえます。今別の薬を飲んでいるのであれば、お薬手帳などを示せばそれに合わせて薬を提案してもらったりも可能です。医薬品だけでなく、健康食品の提案もしてもらえます。健康食品にも健康成分が分かりにくいものがあるでしょうが、それらの役割なども教えてもらえます。

薬剤師のシニア求人なら、勤務形態など様々なキーワードから見つけられる求人サイトがあります。自分にピッタリあった求人を見つけやすいです。

Scroll to Top