働くスタイルは人それぞれ?期間工の詳細を把握しよう!

雇用期間が限定されている就業形態の詳細

労働は殆どの業種で期間の定めが無い通年雇用が一般的です。その一方で特定の時期だけが繁忙期になる業種の場合、雇用期間が限定される期間工として働く形態になることがあります。期間工は予め設定された期間だけ就業する雇用形態なので、副業やアルバイトの一種として扱われる傾向があります。また、同じ業務内容でも通年雇用と比較して給与が割高に設定されていることが多いのも期間工の特徴です。その一方で雇用期間が延長されないことを前提にしているので、長期の就業には適さない欠点もあります。また、期間によっては福利厚生の対象にならないので就業の際には雇用契約をよく確認したうえで慎重に判断することが大切です。

期間工として働くメリットとデメリット

期間工は就業から退職までの期間が決まっていることから生活スケジュールの調整がしやすいメリットがあります。特に就職活動をしている人の場合、通年雇用の就業先を見つけるまでの生活費捻出の手段として期間工労働が選ばれることがあります。期間工の仕事は経験や資格が不要なものが多く、就業しやすいのも魅力ですが、その一方で長期の就業には適さない他、職務で得た経験を転職に活用しにくいデメリットがあります。また、期間工の仕事に慣れていると通年雇用の働き方に馴染めないことがあるため、明確な目的を定めて就業するように心がけます。

期間工の仕事は会社によっては一定回数以上の就業が出来ない所があるため、就業規約を確認したうえで判断するのが快適に働くための心得です。

期間工の求人は給料が比較的良く、寮完備となっているところも多くあります。実際期間工で働くとお金が貯まるようです。

Scroll to Top