外資系の会社で役立つ英語のスキルを身に着けよう

外資系の会社内で重要な英語のメール

外資系の会社の中には、外国人のスタッフが多く働いているところもあり、社内の公用語として英語が採用されるケースも増えています。特に、仕事に関する重要な事項を英語のメールでやり取りする外資系の会社の数は年々増加しており、社内でスムーズに仕事を進めるうえで、最低限のビジネス英語の単語やフレーズなどをマスターすることが大事です。また、難しい内容の英語のメールを作成する場合には、日ごろから英語に馴染んでおく必要があるため、会社帰りの時間を使って英会話学校に通ったり、自宅で通信教材を利用したりすることがおすすめです。例えば、営業職や事務職として外資系の会社でキャリアを積みたい場合には、早期に英語のメールに対する苦手意識をなくすることが大切です。

外資系の会社に特有の英語の面接の特徴

外資系の会社の入社試験の内容は、国内の企業とは大きく異なることがあり、特に英語による面接は求職者にとってハードルが高い試験の一つとして捉えられることがあります。そこで、英語の面接に備えるために、ネイティブスピーカーに発音やコミュニケーションの訓練をしてもらうことや、外資系の会社で求められる英語のレベルについて、早い時期に理解を深めることがぢ味です。大手の外資系の会社では、新卒者や中途採用者をターゲットとした就職説明会などが不定期で開催されることがあり、ライバルに差をつけるために、こうした機会に担当者からアドバイスを聞いて、対策を立てることがおすすめです。その他、採用試験の応募者の数や職種などによって、英語の面接の難易度に差が出ることがあるため、様々なケースを想定して準備を始めることがポイントです。

外資系の転職をするためには、上手に自分を売り込むスキルが必要になります。また、選考の際の書類も、英文フォーマットで記入するように求められることが多くなっています。

Scroll to Top