知っていますか?歯科衛生士は国家資格です!

歯医者さんで働く女性の資格

歯医者さんで働いている人の多くは女性、施設によっては全員が女性のケースもありますよね。歯医者さんで働いている人は大きく分けると3つになります。一つは、虫歯の治療を中心に行う歯科医です。歯科医は男性だけでなく女性も多くなっているのが特徴です。病院の専門医と聞くと男性のイメージが多いかと思われますが、今の時代女性も活躍している病院が多くあるのです。歯医者さんで働いている女性の多くは、患者さんの受付や治療費の請求を行う受付業務を兼務する人です。このような仕事をする人は、歯科衛生士の資格を持たなくても、レセプション業務が可能な医療事務の資格を取得すれば働くことが出来ます。但し、歯科衛生士のような医療行為を行うことは出来ません。

歯科衛生士の数が不足しています

歯科衛生士は歯科医師の補助を行うと同時に、患者さんのケアを行うことが出来る資格です。医療事務の資格は認定資格、しかし歯科衛生士は国家資格などからも、数が不足していると言われています。歯医者さんの中には歯科衛生士が不在、歯科医師が兼務するケースもあるくらいですから、歯科衛生士の需要が多いと感じる人も多いのではないでしょうか。歯科衛生士になるためには、専門知識を学ぶことが出来る専門学校や大学を卒業する、これにより国家試験の受験資格を得られます。そのため、現在高校などに通っている人の中で、将来歯科衛生士として働きたい場合は、進学先を決める時には、専門学校や知識を学ぶことが出来る大学に進学すると良いでしょう。

歯科衛生士という職業は、病院とは違い時間も休みも規則正しいです。しかも時給が高いため、似合う歯科衛生士の募集をみつけたらチェックをするようにします。

Scroll to Top