歯科衛生士も主役になれる!求人でチェックしたいポイントとは

歯科衛生士は補助だけが仕事ではない

歯科衛生士は国家資格をもったプロの仕事です。歯科医の治療の補助をするだけが仕事ではありません。歯や治療についての専門的な知識をもっていますし、忙しい歯科医に比べてじっくりと患者の声を聞いたり、口内をチェックできることも多く、細かな点をアドバイスできたり、治療が必要な個所を見つけることもできます。それだけ患者にとってみると身近で相談しやすい存在でありながら、プロの目で隅々まで見てもらえる存在でもあります。だからこそ、仕事ではただ補助的な働きだけしかできないよりも、せっかくの資格を生かして一歩踏み込んだ役割を与えてもらえるクリニックのほうがやりがいにもつながります。転職を考えているなら、今までの経験を活かせて、専門知識をある程度任せて発揮できる環境の方が自分らしく働けて、スキルのレベルアップにもつながります。

応募する前や当時ににチェックしておきたいポイント

実際にどんなクリニックの方針なのかは、中に入って働いてみないと詳しくはわかりません。しかし、自分でも調べることはできますので、応募する前にある程度調べて自分に合っていそうかを判断することも大切です。例えば求人には一方的な情報しか載っていません。クリニックのHPを見て患者さんにどの点をアピールしているのか、どんな理念を持っているのか、どんな治療を行っているのかを見るだけでも雰囲気がつかめます。さらに病院の口コミサイトなどでクリニックの対応を見ると、歯科医の人柄や患者との向き合い方などもわかってきますので参考になります。さらに面接や事前の見学などでどこまで歯科衛生士が担当できるのかを質問しておくと、ここの病院は歯科衛生士をどんなスタンスでとらえているのかもわかります。

歯科医院で診療補助などの仕事をする歯科衛生士の求人は医療系の求人で探すことができます。歯への関心が高まり歯科医院も増え、歯科衛生士の需要も多くなり常に求人をかけている歯科医院もあるほどです。

Scroll to Top